はやぶさ2:「完璧な」形の小惑星サンプルを持って帰国

はやぶさ2は、2014年12月に6年間の研究ミッションで開始された日本のミッションです。

日本は宇宙活動のために記録的な41.4億ドルの予算を立てています

有機塩は火星に存在する可能性があります

NASAチームは、その有機塩を発見しました。

その他のニュース

人工衛星部品特化型の情報ポータルサイトをリリース

研究開発を通じて予測精度を高めることで、産業を最適化し、豊かで快適な日常生活を送れる社会を創ることを目的に、CUBESAT開発、衛星データ解析・リモートセンシングテクノロジーによる研究開発ならびにNew Space時代における新たなサービスの創出を目指し、事業を展開しております。
SPACE VIEW社は、兼ねてより、宇宙産業の持続可能性ならびに発展性を高めるためには、手軽に人工衛星の開発に取り組む事が出来る環境の整備、衛星打上げを計画する企業様が、気軽に精度の高い情報にアクセスできる環境が必要であると考えておりました。そして、今後より一層、SPACE VIEW社がスペーステックを牽引し、宇宙産業の発展、ビジネスの衛星データ利活用の促進に寄与するため、本ポータルサイト(https://spacexview.shop/)のリリースを発表しました。

福島県会津若松市、南相馬市に新たに研究開発拠点を設立

CUBESAT開発、衛星データ解析ならびにリモートセンシングテクノロジーを駆使した研究開発を手がける株式会社SPACE VIEW(代表取締役:加藤淳一 本社:東京都港区六本木 以下、SPACE VIEW社)は、福島県会津若松市、南相馬市に新たに研究開発拠点を設立しました。
今後は上記に東京本社を加えた3拠点で開発ならびに共創を加速させ、人工衛星データや宇宙関連技術を活用した新たなサービス創出においてリーディングカンパニーとなれるよう邁進してまいります。これにあたっては、スペーステックに関心のある企業様はもちろん、防災や防犯、観光業等に取り組まれている方々とも手を取り合いながら進めたく、協業も是非ご検討いただけますと幸いです。スペーステック事業という響きから、マスレベルでの施策推進にフォーカスが当たりがちですが、私たちSPACE VIEW社は、「スマートシティ・地方創生・復興支援の推進等において、衛星データやリモートセンシングが当たり前のように利活用される未来」こそ、技術が広く伝播する鍵になると考えてきました。そこで各拠点のミッションを下記のように定め、開発と実証を両輪で推し進めてまいります。PR Times: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000081011.html

スペーステックカンパニーの株式会社SPACE VIEW社が人工衛星データの利活用に向けたポータルサイトを開設

CUBESAT開発、衛星データ解析ならびにリモートセンシングを駆使した研究開発を手がける株式会社SPACE VIEWは、人工衛星データの利活用推進を目的としたポータルサイト「spaceview insight」を開設いたしました。
SPACE VIEW社は2020年11月の設立以降、宇宙産業の持続可能性ならびに発展性を高めることを目的とし、これまでに取得したデータやナレッジが特定の企業・専門家だけにとどまらず利活用されること、それらが新たな事業展開・協業の契機になることを目指してまいりました。世界的な動向を見れば、宇宙ビジネスの市場規模は年々膨らみ、2017年に約30兆円規模だったものは、2040年には100兆円規模にもなると言われています。ただ、殊に自国がそのスピードに乗り、さらに牽引する一員になるためには、先進的な活用事例が幅広く知られ、かつ必要なデータがわかりやすく整備されることが急務だと考えており、これこそが本ポータルサイトのミッションと位置付けています。従来、国内における宇宙開発は、政府資金によって行われるものが大半でしたが、近年では宇宙利用産業やユーザ産業が参画したPFIによる衛星開発、中小企業やベンチャー企業による超小型で低コストの衛星開発等が進み、産業の裾野は拡大傾向にあります。内閣府としても「宇宙利用拡大のためには、こうした動きを一層推進し、宇宙利用産業やユーザ産業等による新たな宇宙利用の開拓によって、行政、産業、国民生活の高度化や効率化につなげることが必要」と位置付けており、SPACE VIEW社が今回手掛けるデータ整備やそこから生まれる協業も、その推進の一端を担えればと考えております。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000081011.html
Close Bitnami banner
Bitnami